こってりと言えば天一!という三杯目

こってりラーメンで有名過ぎる店と言えば、やはり全国にチェーン展開されている天一です。

そんなお店、天下一品を舞台にして、超特殊な食べ方を解説してくれるのがラーメン大好き小泉さん三杯目となります。

都内某所にある天一とおぼしきラーメン屋に現れた制服姿の美少女は、席に着いたら即座にオーダー。

ここでのお約束、スープの濃さを訊ねてくる店員に対して、迷う事なしで彼女は「こってり」を選択しました。

さらに、唐揚げ定食を追加するという、細身の少女らしからぬ大食いっぷりです。

勿論、この大喰いな女子校生は、ラーメン大好き過ぎる小泉さんです。

こってりラーメンと唐揚げ定食が到着すると、彼女は綺麗で長い髪を束ねて戦闘態勢に入ります。

そして礼儀正しく「いただきます」をしてから、麺をすすり始めるわけですね。

どろっとしたこってりスープも一口飲んで、幸せ感いっぱいの表情を浮かべます。

そんな全身を熱くしながらこってりラーメンをすする美少女を嬉しそうに正面から見つめる女の子がいました。

この女子校生もショートヘア系の可愛い外見だが、どうやら目の前の小泉さんに見とれていたみたいですね。

ちなみに、彼女は大澤悠という小泉さんの同級生ですが、学校を出る時から付いてきていたとの事です。

校門前で小泉さんにスルーされた悠は、そのまま思いっきり尾行していた模様。

その結果、電車を乗り継いで、天一までやってきてこってりラーメンを食べるという不思議な行為に及びました。

小泉さんにストーカー行為を注意されても嬉しそうにこってりラーメンを食べる大澤悠。

なかなかめげない女子校生ですね。

しかも、いきなり話題をこってりスープに持っていきます。

彼女は、こってりスープをホワイトシチューみたいな食感から、カルボナーラスパゲティみたいだと表現しました。

ラーメンネタならしっかりと食いついてくる小泉さんは、天一のラーメンは鶏ガラベースだと解説開始。

スイッチが入った小泉さんは、悠に出汁とタレについて語り始めます。

ラーメンは出汁とタレを混ぜ合わせる事でスープが完成するという基礎から、細かい応用編まで箸だけは動かしながら熱く話してくれました。

ちなみに天一は、鶏ガラと野菜がベースになっている上に、それをドロドロになるまで煮出しているからコラーゲンが豊富との教えてくれました。

お肌つやつや成分が入っているとわかった悠さん、速攻でスープを飲まねば!と丼に目を向けると・・・

スープが麺に吸われて、何やらねとーとした怪しい物体になっています。

しかし小泉さんは、これを待っていましたと言わんばかりに、一気に掻き込みました。

彼女なりのこってりラーメンのベストな食し方というわけですね。

こってりを斬新な方法で攻略する小泉さん

こってりラーメンと共に何かいっぱい食べちゃうラーメン大好き小泉さん三杯目ですが、とりあえず最初だけカラーだったのが印象的でした。

学校が終わったら、すぐにラーメンを食べに行く女子校生とか、全国探してもほとんどお目にかかれないと思います。

しかも、それが超可愛いとか奇跡なのですが、この人、普通にこってりとか食べてしまうんですよね。

今や都内でも珍しくなくなった天下一品ですが、あのこってりラーメンは本当に癖になります。

当然、ラーメン自体が大好きな小泉さんならなおさらで、週に1度は食べたいとか言ってますね。

今回は、こんなこってりラーメンを斬新な方法で攻略してくれるわけですよ。

しかしいつも思いますけど、スレンダー系美少女が、かなりの量をラーメン屋でがっつく様子とか、一生かかっても見る事が出来ないかもしれません。

でも、この作品だと毎回のように見る事が出来るから、本当に面白いですね。

カラーページ内で、髪が落ちないように片手で支えながらこってりラーメンをすする小泉さんは、はっきりいって超萌えます。

さらに、天一のメニュー達に注目すると、絵のクオリティがヤバいくらい高いですね。

チョイかための麺だと思われるものを箸で救っている様子とか、からっと揚がった唐揚げなんて見ると、凄く食欲がそそられます

また何気にこってりスープの描写も、とても上手だと思いました。

あれを絵で表現するのは、かなり難しい事じゃないかと思うのです。

ラーメン大好き小泉さん三杯目

小泉さん流こってりラーメン攻略法

でも、今回はカラー部分があったから特に美味しそうな雰囲気が漂っていました。

これだと小泉さんではなくても、すぐにラーメンを食べに行きたくなります。

そして毎度安定の小泉さんの「は~」が最高です。

これだと大澤悠が、じっくりと小泉さんウォッチングしたくなるのは仕方無いと思います。

男女問わず、あの姿はハァハァものですよ。

とは言っても、何事もなかったように小泉さんと相席している悠さん、マジ大物です。

彼女のラーメン的無知を冷たい目で見る小泉さんも、Mっ気がある人なら悶絶しながら転がってしまいそうですね。

その直後に詳しく解説してくれるのだから、ちょっとしたツンデレかもしれません。

ガチでデレている小泉さんとか、ちょっと想像出来ませんけどね。

むしろ、ラーメンのスープについて、まるで化学の実験の如く語る様子とか読み慣れてきたら心地よく思えてきました。

こうして、あれこれと語りながらこってりを斬新な方法で攻略する瞬間を待っているとか思いませんでしたよ。

天一のこってりを敢えて伸ばして汁気がなくなる時が、まさかの食べ時とか考えた事がありません。

お味の方は、3話のラストで見る事が出来る小泉さんの「ふぅ・・・」を見れば想像可能ですね。

ラーメン大好き小泉さんの本編をデジタル版で読む