朝ラーメンが特製煮干だと味噌汁の代わりなのかな?

朝ラーメンが思いっきり特製煮干という、ある意味朝食風味がある小泉さん。

よく考えると、煮干しと言えば、出汁で味噌汁チックなのかもしれませんね。

しかも、ラーメンでしっかりとご飯の代わりに炭水化物が摂取できるというから、もしかしたらパンだけ食べるよりも健康的かもしれません。

ラーメン大好き小泉さん十杯目は、朝の7時前の歓楽街という、珍しい場所が舞台です。

歓楽街の早朝と言えば、住宅街の深夜みたいなもので、眠っている街ですよね。

眠そうな人が多い朝からやってるラーメン屋では、当然のように眠い目を擦りながら小泉さんが着席しています。

そして出てきた特製煮干ラーメンは、ノリとかチャーシュー、さらに卵も乗っていて美味そうだし栄養も素晴らしそうです。

眠そうな女の子

しかも、この十杯目は前半カラーなので、クオリティが高い小泉さんを楽しむ事ができて、ちょっと得した気分ですね。

眠そうな美少女とか、それだけでも萌えますが、その姿でラーメンをすするとか、かなりレアです。

しかも周囲は、大人だらけの全く似合わない場所だけに、違った意味のギャップ萌えが楽しめました。

せっかくのカラーページでも、大体はラーメンをすする「ずるずる」という音で占拠されているとか、何だかシュールで面白いです。

十杯目のカラーページは僅か4ページですが、小泉さんが特製煮干を食べて、さらにスープを飲み干すまで、小さなドラマが繰り広げられていたという錯覚に陥りました。

またよく見ると、6時45分から6時57分で退店している事もわかるんですよね。

小柄な女子高生がボリューム溢れるラーメンを食す時間としては、随分と早いですね。

特製煮干の香りを振りまく美少女小泉さん

煮干し

十杯目の後半はモノクロになっちゃいますが、朝ラーメンを終えた小泉さんがイイ味出していました。

と言うか、本当に特製煮干の良い香りを振りまくという、実際に美味しそうな感じがしているのが素晴らしいです。

それにしてもタダでさえ良い匂いがしそうな美少女の小泉さんですが、まさかの煮干し風味とか笑えますね。

しかも、朝から制服姿でとか、普通だったら衝撃的ですよ。

そんなラーメン大好き小泉さん十杯目は、悠のお兄ちゃんが登場します。

大学生の彼は、早朝の歓楽街を徒歩移動中ですが、遊びまくっていたのではなく深夜バイトの帰りでした。

心配で電話してきた悠の相手をしている彼は、ちょうど朝ラーメンを終えて出てきた小泉さんとすれ違います。

こんな物凄い美少女と急接近したら思わず目で追ってしまうのが男の性ですが、この人、何故か煮干し臭がするわけですね。

一気に食欲が出てしまった悠の兄は、特製煮干ラーメンを食べて、そのまま大学へ向かう事になりました。

どうやら早朝の眠い時に美少女から煮干しの香りがすると、若い男子は食欲アップと回復作用がある模様です。

あと、密かに十杯目の最後にあった、朝ラー飴が異様に気になってしまいました。

しっかりと朝ラーメンについて解説しながら、飴をもぐもぐする小泉さんが、やたら可愛かったです。

→ラーメン大好き小泉さんの電子版を読む