冷やしラーメンで汗だく女子高生達が涼むお話

冷やし中華始めました

冷やしラーメンで蝉の声が響き渡り、汗だく状態になっている女子高生達が涼むお話というのが、ラーメン大好き小泉さん十一杯目です。

暑さに満ちあふれている状況がよくわかる1コマ目は、悠と美沙が汗だくになっています。

悠の涙目が、それを凄まじく表現していて、読んでいるこっちも暑くなってしまいそうです。

しかも気が変になりかけている美沙は、全部脱いでやろうか!とか言って、おへそを見せるサービスぶり。

そんな暑さで発狂寸前の2人を冷静に見ている潤さん、さすがに眼鏡キャラの委員長キャラですね。

とりあえずジュースでもアイスでも良いから冷たいものが欲しい彼女達は、帰宅途中でどこかへ寄る事を決意します。

そこへ汗だくで通りかかった小泉さんを発見した悠は、喜んでお誘いするも華麗にスルーされちゃうというお約束。

小泉さんは、これからラーメンを食べに行くというのですが、このクソ暑い中だと自爆にしか見えません。

さすがに美沙達は付き合いきれない様子ですが、小泉さんストーカーの悠は涙目になりつつも付いていこうとします。

でも、小泉さんが食べに行くのは熱いラーメンではなく、冷やしラーメンだったわけですね。

十一杯目後半は、拒否する小泉さんに無理矢理付いて行く悠と、その他に分かれて行動する展開となります。

冷やしラーメンを二手に分かれて食べる女子高生達

小泉さんと悠、そして美沙と潤という組み合わせで二手に分かれて行動する十一杯目後半。

美沙と潤の2人は、普通に冷たいものを頼み語り合っています。

潤が万年冷え症というのには、ちょっと笑ってしまいました。

そして冷やしラーメンについて語り合う女子高生という、微妙に不思議な光景になります。

結局、彼女達がいる店にも冷やしラーメンがあったので、彼女達は夕飯も一緒に行っちゃう事となりました。

一方、悠と小泉さんは、別の店へ冷やしラーメンを食べに行ったわけですが、例によって小泉さんの知識が炸裂しています。

悠の事をあれだけ拒否しても、結局冷やしラーメンの歴史を語り始めるとか、微妙にツンデレな小泉さんに萌えざるを得ません。

ツンデレの例

そこで氷が入った「つったいラーメン」が登場です。

さらに冷たいラーメン用のスープに関する情報も教えてくれる小泉さん、マジ優しいですね。

簡単に言うと、凄く手間が掛かるから、「冷やし」は夏限定になっているとの事です。

汗だくの女の子達に萌えながら十一杯目を読むだけで、これだけのラーメン知識が身についちゃうのだからビックリですよ。

この話の見せ場は、悠達が熱い麺と間違える所です。

冷えた麺を可愛い女子高生達がフーフーする所は必見ですよ。

十一杯目の終盤は、序盤汗だくだった彼女達が幸せそうにラーメンをすすっているシーンとなります。

こうして一気に涼しくなった女子高生達が、ラストにとてもイイ顔を見せてくれてフィニッシュです。

ラーメン大好き小泉さんの見本はこちらです