謎の転校生小泉さんが予想外の場所でラーメンを食す3巻

転校生の挨拶

転校生って最初に紹介するから謎なワケ・・・ない

謎の転校生という設定で、3巻になってもフルネームも家族構成や出身地もわからないラーメン大好き小泉さん。

でも転校生って、自己紹介とかするから名前とかわからないはずがなくね?とか突っ込んじゃ駄目ですよ。

それはさておき、謎の転校生という部分は、3巻を最後まで読んだら再認識する事が可能です。

この謎を最後まで公表されなかったら、読者としては泣きそうです。

そんな小泉さんですが、麺類のためならどこへでも行くという行動力を炸裂させてくれました。

では、行動力溢れるヒロインが、予想外の場所でラーメンを食す姿が味わえるラーメン大好き小泉さん3巻の各話を読んでいきましょう。

二十杯目

何か小泉さんが登山していますね。

一瞬、読む漫画を間違えたような錯覚をしてしまうラーメン大好き小泉さん20話。

当然、山を登っている途中の食事はラーメンなのが小泉さんです。

鍋持参で普通に調理を始めるのだから、通りすがりの人達の食欲をそそります。

大自然の中にいる小泉さんは、まるで別の人みたいに見えますが、登山スタイルが異様に可愛いかったです。

彼女は、ちょっと新しいタイプの不思議ちゃんかもしれません。

二十一杯目背脂

妙にえっちぃ感じで始まる21話は、小泉さんがナニかを欲しがっていてヤバイです。

もう狙いまくった表情をしている彼女は、今思いっきり背脂タップリなラーメンが食べたいわけですね。

あと、ある意味正しいダイエットというか美容的な知識が、読むと入ってくる感じがします。

影で可愛さと美しさを保つために努力しまくる美沙に好感が持てる話でもあります。

ただ、ひたすら脂祭りなラーメンを食べつつも、やたら艶やかな肌の小泉さんがスゴかったです。

ラーメン大好き小泉さんにおけるトップクラスの萌えは、美沙絡みであると言っても言いすぎじゃないでしょう。

二十二杯目ミドリムシ

何やら緑色した蛙か魚の卵みたいなのが浮いているラーメンが出てきて、かなり驚くのが22話です。

でも、丼内を見ると、凄くバランスが取れていて、不思議と美味しそうだったりします。

それを小泉さんと潤が並んで食して、毎度見せる恍惚の表情が炸裂!

まあ、こいつはムシと言っても藻の仲間で、美容マニアの美沙は普通に食べている模様。

そんな時、ラーメンにも入っているという情報を小泉さんが、潤に流してしまうから実食する事となりました。

二十三杯目・まわるラーメン

お兄ちゃんに連れられてまわるお寿司を食べに来ている悠は、寿司以外の怪しげなメニューばかりに手を出しています。

と言うより、まともな寿司を食べようとしない兄妹は、結局仲良しさんですね。

普段の悠は小泉さんを追いかける危ない女子高生ですが、彼女なしの兄に付き合ってあげる可愛い妹キャラでした。

とか思っていると、普通に同じ店に小泉さんが現れ、まさかのラーメンを寿司と一緒に食べるという面白行動に出ました。

でも、彼女に興味があるような視線を兄が向けていて、悠の嫉妬心が溢れ出ようとしたのですが・・・。

二十四杯目・行列

人気があるスイーツのお店で大行列が出来ている様子をラーメン屋のテレビで見る悠と小泉さん。

でも、小泉さんはラーメンのためでも激しく並ぶのは、あまり好きではないとか言っちゃってます。

とりあえず小泉さんの追っかけな悠は、真夏の昼間に並んでみる事にします。

そんな時、列への集団割り込みを発見、さらにそこへ小泉さんが現れてラーメン好きのマナーについて熱く語ってくれました。

二十五杯目・おいしいラーメン

何故か学校でおいしいラーメンを求めて試作品を作りまくる悠は、美沙と潤に食わせまくっています。

悠が幼い頃、大阪で食べたものを再現しようとしているみたいですが、なかなか上手くいかない様子。

兄にどんなラーメンだったか聞いてみると、彼女にとってはわけがわからない答えが返ってきて余計に混乱します。

そこへラーメンの香りに釣られてやってきた小泉さんが、悠が探し求めていたものは近所でも食べる事が可能だと言います。

これがきっかけとなり、2人で食べに行く事となりますが、完食後、丼に出現する文字が小泉さんの麺類魂に火を付けました。

二十六杯目・大阪

暗い表情のお姉さんがラーメンを前にしてぼんやりしていると、その横で麺をすすってはほっこりしている小泉さんがいるのが26話の始まり。

その次の日は、凄まじいナンパ攻勢を受ける小泉さんに、前夜彼女と同じ店にいたお姉さんが助け船を出します。

女子高生が1人で東京から大阪までラーメンを食べに来たという事実に衝撃を受けたお姉さん。

そのまま2人で絶賛上昇中だという大阪のラーメンを食い荒らしに行く事となりました。

でも、このお姉さん、何だかどこかで見た事があるような雰囲気を持っていて、ここだけでお別れとならない気がするのが面白かったです。

この辺りはオチで全部わかっちゃいますけどね。

二十七杯目・再会

何と小泉さんが風邪を引いて、長い間学校を休むという、まるで普通の学園モノみたいな展開になるのが27話です。

そんな流れから久々に学校へ姿を現したラーメン好き女子高生は、自宅療養中にほとんど何も口にしていなかったわけですね。

という事は、この日は彼女のラーメンとの再会日となるのです。

いつものように帰宅途中にラーメン店へ入った彼女は、ひたすら麺を口へと送り続けました。

完食する頃には、まるで長い間会えなかった恋人の前にいるような反応を見せる小泉さんには、ガチで感動してしまいましたよ。